• ホーム
  • ED患者が増えている?その原因とは?

ED患者が増えている?その原因とは?

近年、EDという言葉を聞いたりインターネット広告等で見たりします。
これは、Erectile(勃起性の)、Dysfunction(機能障害)の頭文字をとったもので、日本語だと「勃起不全」となります。
一般的には、働き盛りの中高年男性に起こりがちな症状でストレス社会の中、その数が増えつつあるといったイメージがありますが、最近では20代の若者でもEDに悩む人が増えているそうです。

ところで、EDは勃起不全なのだから、性的な刺激を受けても陰茎がまったく勃起しないことを指すと考えがちです。
他にも、勃起はするものの長続きしない時、例えば、性行為を行い刺激を受けている最中でも収縮してしまうこともあります。
俗に言う「中折れ」になってしまうこともEDに含まれます。
また一般的に勃起状態においては陰茎には硬さがありますが、それが不足して柔らかい状態のことも入ります。
そういった状態に陥り性行為での膣への挿入が全くかなわない、また挿入出来るが最後まで満足に出来ないことを言います。

こういったEDになる原因はいくつかあります。
運動不足などで引き起こされる生活習慣病(糖尿病や高血圧)から起こる器質性のものや、その他、ストレスや性に関する自信喪失等の場合や、薬によるものもあります。

中高年男性の場合は、全てに当てはまりそうですが、器質性EDの人が多くいます。
一方若者のEDはストレスや自信喪失が多いと言われています。
20代では初めて社会に出て仕事を始める頃なので、慣れない仕事や上下の人間関係に多くのストレスを感じますし、恋愛や結婚で初めて性行為をし失敗する人もいます。

こういったようにEDは中高年の男性だけでなく、若い人たちにも発症する可能性があります。
EDの患者は増加傾向にあり、その原因は、生活する上で使っているものや、食品添加物にあると見ている専門家もいます。
また若者の精子の量が少なくなってきているとも言われており、この精子の量が性欲や勃起力とも関係していると考える人もいるようです。

EDの原因には生活習慣が関わることが殆ど

EDの原因は生活習慣が大きく影響していることが知られています。
ストレス社会と言われている現代、中高年男性のみならず20代の若者でもこの症状に悩んでいる人が増えてきており深刻な問題となっています。
若者のEDの原因は主にストレスと言われており、カウンセリングなどで心理面の立て直しをすると改善することも多いようです。

一般的にEDに大きく関連してくるものとしてはストレスはもちろん、高血圧や糖尿病、肥満や運動不足が挙げられ、生活習慣病やその予備軍がEDの原因となっているのです。
ED治療ガイドラインを見ると糖尿病にEDが合併する率は42~90パーセントと記されており、糖尿病でない人に比べれば2倍以上になるとされています。

また高血圧も合併率70パーセントとも言われ、日本人を対象とした研究でもそうでない人に比べると2~3倍EDを合併しやすいというデーターが出ています。
高血圧や糖尿病により血管や神経がダメージを受けることで勃起のメカニズムが障害されるということになります。
勃起には神経系、血管系のメカニズムが大きくかかわっており、正常な勃起は性欲の発生において刺激を大脳視床下部から勃起の指令が下位に伝わって起こります。
陰茎の海綿体の動脈が大きく広がり血液が流れ込むことによって勃起がおこります。
血管や神経にダメージがあるとこれらのことが正常に行われないことにより勃起がうまくおこらなくなります。

また肥満や運動不足もEDの原因になっており、全く運動しない人のED発生率は1週間に2時間半以上ランニングしている人の3倍とも言われています。
このように普段の生活習慣が原因となり発生する生活習慣病やその原因ともなっている肥満、運動不足がEDの大きな原因になっていることが分かっています。
いつまでも充実した性生活を送るためには心身共に健康な生活をすることがとても重要なことなのです。