• ホーム
  • 長時間の効果持続が必要ならシアリスがおすすめ

長時間の効果持続が必要ならシアリスがおすすめ

ED治療薬についてはその有効成分の特性に応じて、様々な特徴がありますから、用途によって使い分けをする人が増えています。
例えば、即効性が必要であればレビトラがおすすめですが、効果持続が必要であればシアリスが断然おすすめです。
これらのED治療薬の主成分は、それぞれバルデナフィルとタダラフィルと呼ばれる物質です。
PDE5と呼ばれる酵素の分泌を阻止し、勃起を促す成分であるcGMPの働きを保つことで正常な勃起をサポートするといった点では同じです。

バルデナフィルとタダラフィルの大きな違いは、バルデナフィルが水溶性が高いことに対し、タダラフィルはブロック状の分子構造を持っています。
体内に浸透する時間は3時間程度要するものの、最高血中濃度を長時間維持することができる点です。
そのため、シアリスには有効成分の含有量によっては5mg、10mg、20mgの3種類が流通していますが20mgであれば持続時間は36時間にも及びます。

また、シアリスもレビトラ同様に、火照りや頭痛、下痢、鼻づまり、動悸といった副作用があります。
しかし、ゆっくりと体内に浸透することによって、血流促進効果は同じでも発生率が極めて低いといった特徴があります。
一般的にED治療薬における副作用の発生率は7~8割だあることが確認されていますが、シアリスの発生率は3割程度ですから、その凄さがよくわかります。
また、シアリスもレビトラ同様に食事の影響を受けにくいことも大きな特徴です。
概ね800kcal未満であれば、直後にシアリスを服用しても効果が半減することはありませんから、通常の食事であれば問題はありません。

このように有効成分の特性によって、様々なED治療薬が開発されています。
優劣を決めるのではなく、その特徴を把握することで使い分けることが賢明な利用方法だと言えます。
したがって、週末などED治療薬の服用するタイミングを気にすることなく、ゆっくりとパートナーとの時間を過ごしたいのであれば、効果持続が長いシアリスが最適であることは言うまでもありません。

レビトラとシアリスの使い分けをする方法

レビトラとシアリスの使い分けでは、性行為を行う時間と薬の効果の持続時間に合わせて選ぶことがポイントと言えます。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、水溶性が高く血中で最高濃度に達するまでの時間が短いのが特徴です。
この特徴から、短時間のデートでセックスをする時間が予測しやすいならレビトラが適しています。
セックスをする時間に合わせてレビトラを服用すれば、すぐに効果が得られるからです。

一方、旅行や週末をずっと相手の女性と一緒に過ごすデートなど、性行為の時間が予測しにくいのであれば、シアリスがおすすめと言えます。
シアリスの有効成分は、持続時間が長く同時に飲食の影響を受けにくいという特徴を持つタダラフィルです。
効果が長続きするということについては、欧米諸国などではウイークエンドピルなどとも呼ばれています。
ウイークエンドピルというのは、週末の性生活をたっぷり楽しむことができるという意味合いです。

タダラフィルの効果が長続きするのは、分子構造によりゆっくり体内に浸透して血中での最高濃度を長時間維持できることによります。
シアリスの規格は有効成分タダラフィルの含有量によって3タイプありますが、規格によっては1日半にわたって効果を得ることが可能です。

また、時間をかけて体内に浸透していくためシアリスでは動悸などの副作用が発生する可能性が低く、EDの治療薬を使っていることが相手に知られにくく安心と言えます。
旅行をしたり、週末ずっと一緒に過ごすのであれば食事をすることにもなります。
飲食との相性がよいシアリスならデート前に服用しておけば薬の効果が減ってしまうことを気にしないで食事をしたりムードのあるデートができます。