• ホーム
  • 心因性EDの原因と改善方法

心因性EDの原因と改善方法

EDの中でも最近増加傾向にあるのが心因性によるものです。
この場合はとくに健康な若い世代の男性に多く見られる傾向にあり、基本的に身体の異常はどこにもないのですが、思うように勃起せずにEDとなってしまうといったケースです。

この心因性にも二つの種類が存在しています。
まずは仕事や家庭でのストレスやプレッシャーなど、日常的に受けるものが大きく関係してそれが原因となっているケースで、これは現実心因と呼ばれています。
一方、幼い頃の経験やトラウマなどが関係してくるのが深層心因です。
他にもパートナーに裏切られたといったことなどで性行為の嫌悪感が無意識に募り、それが原因となってしまっているケースなどもあり、深層心因は本人に自覚がない場合も多いです。
さらにこういった事柄が原因となり、EDだけでなくうつなども併発してしまう可能性もあるため、出来るだけ症状に気付いた時点での早期の対処を実施するようにしましょう。

このように心因性によるEDの原因はいろいろありますが、基本的にはこういった強いストレスやプレッシャーによって自律神経に乱れが生じ、それが症状へとつながります。
とくに自律神経でも興奮や緊張感を生み出す交感神経が優位に働くと症状が出やすくなるため、改善のためにはリラックスした状態の副交感神経を優位にするようにすることが大切です。

そのための方法としては、やはり医師から処方されるED治療薬が有効です。
最近のED治療薬は高い効果が期待できるため、EDに悩んでいる多くの男性たちを救済しています。
ただし心因性の場合は治療薬以外にも、原因となっているストレスの排除や改善、もしくは原因そのものを探るカウンセリングなどの心理療法も存在しています。
とくにED治療薬であまり望むような改善結果や効果が見られなかった場合には、こういった別の方法での治療のアプローチも必要となります。

ちなみにストレスの軽減や改善といった治療は、即効性があるわけではなく、それなりに時間もかかるケースも多いです。
それゆえに焦らずにゆっくりと治療を受けることが正解であり、専門医のいるクリニックでじっくり治療に励むようにしましょう。

心因性EDを心理療法で解決する手段もあります

心因性EDの場合は自分で治せるものもあり、現実心因とも呼ばれています。
特定の相手には勃起しない・コンドームをつける前は勃起しているけど装着すると萎えるといったものです。
その場合は性行為をする環境を変えたりコンドームを用いたオナニー等で対策・訓練する事で改善の可能性があります。
しかし自分ではどうしても改善できない深層心因という場合は専門医のいるクリニックで心理療法を受けたりする治療が必要です。

深層心因は自分では意識しにくい心の部分が原因になっているもので、幼少期のトラウマやパートナーへの愛憎葛藤等や、うつ病や精神疾患による適応障害が原因となっているEDです。
これらの場合は泌尿器科等の服薬療法よりも精神科や心療内科の領域です。

心理療法では自信を持つ様にトレーニングを提案されます。
勃起力に問題はないと潜在意識に刷り込ませる方法等が用いられます。
心因性EDはストレスが原因とは言われていますが、主原因をまず特定する事から心理療法は始まります。

通院するとカウンセリングで心理テストを行い、その結果を元に暗示療法や刷り込み、そして再教育治療法等が用いられます。
基本的に自信をつける事または自覚してもらい、それは大した問題ではないと考える様にする心の治療を行います。
もちろん必要時には薬物療法を併用して行います。
この様に暗示療法などの心理療法を受けた後、パートナーと一緒に行うセックスセラピーや個人心理医療に進みます。

心因性EDの場合、悩みやストレスを改善するだけで改善するものではなく、病の治療も必要になります。
自分を否定する事を排して肯定する前向きな気持ちを持ってもらう必要もあります。
病と気持ちの両面からアプローチする解決手段です。