• ホーム
  • 勃起不全の治療は保険が不適用なので後発医薬品を使用

勃起不全の治療は保険が不適用なので後発医薬品を使用

加齢などが原因となって、勃起不全の症状が出ている男性がいると思います。
勃起不全になってしまうと、奥さんやパートナーの女性との夜の営みにおいて相手を満足させられないなどの問題が生じて、結婚生活の大きな障害になる可能性もあります。
また、近年では不妊症の女性が増えていると言われていますが、不妊の原因の1つとしては男性側に勃起不全の症状があることから、性行為を上手く成立させられないという点も問題視されています。
勃起不全を改善するためには、医療機関でバイアグラに代表されるような医薬品の処方を受ける方法があります。
日本では、バイアグラやレビトラなどのED治療薬が承認を受けていることから、専門的な治療を行っているクリニックを受診することで、治療薬を処方してもらえます。
ただし、医療機関であってもED治療薬の処方を受けるときには、健康保険が適用されることはありませんので、全額自己負担による治療となります。
保険が適用されないことから、治療を継続していくためには費用の面での心配が生じることが考えられます。
医療機関によってはバイアグラなどの後発医薬品である、ジェネリック医薬品を取り扱っているところもあり、先発薬と比較すると価格の面でかなり安く費用を抑えることが可能になります。
インターネット通販業者として、医薬品を扱っている個人輸入代行の業者でも後発医薬品について販売しているところがありますので、海外で承認を受けているジェネリック医薬品を使用すれば、経費の節約につなげることが可能になります。
世界的には後発医薬品についても、幅広く使用されている実績があり、効果や製造方法については先発薬と同様のものとなりますので、安心して使用できる薬であると考えて良いでしょう。