• ホーム
  • レビトラを初めて使うなら病院処方を受ける

レビトラを初めて使うなら病院処方を受ける

医師の処方薬であるレビトラは、すべての男性が服用できるわけではありません。
今はネット通販で簡単に購入できる時代ですが、服用してはいけない人が購入してしまう可能性があります。
レビトラを初めて使うなら、まずは病院で診断を受けておきましょう。
問診などの検査をしてから処方されるので、無条件でもらえるわけではありません。
またED治療薬の処方を受ける場合、レビトラ以外の薬を処方されることもあります。

最終的に医師の判断でED治療薬が選択されるので、自分で選択することはできません。
症状に合わせたものが選ばれるので、医師に任せるようにしましょう。
ED治療薬によって相性が異なるので、服用できる薬とできない薬に分かれることがあります。
自己判断で取り寄せて服用すると危険なので、必ず医師の診断を受けて病院から処方してもらいましょう。
薬物治療の効果を高める生活アドバイスもしてもらえるので、生活習慣から解消することが可能です。

病院に相談をしてから通販購入する人もいますが、診療を受けずに相談だけ求めると病院側も迷惑に感じてしまうので、初回は病院処方を受けるのが好ましいです。
実際に服用して効果・副作用を確かめておけば、次回から通販で購入するのもありです。
ただしED治療薬の先発薬の場合は、ネット通販で購入しても価格が極端に安いわけではありません。
正規価格より1割程度しか安くならないので、安全性を求めるなら病院処方がベストです。

病院では効果を高める服用方法のアドバイスをしてくれます。
空腹時に服用するのが即効性を高めるコツで、あとは性的興奮が十分にあることが条件になります。
媚薬とは異なるもので、性欲自体を高めることはできません。
価格は1錠1700円が相場ですが、クリニックによって大きな差があるので、一番安いところを探してください。
EDの薬物治療には保険は適用されないので、原則として健康保険証を持参する必要はありません。

レビトラの病院処方は保険適用がある?

レビトラはED治療専門クリニックで処方してくれますが、健康保険が適用になることはありません。
風邪やインフルエンザは健康を害する症状であり、日常生活のトラブルと言えるものでしょう。
これに対してEDは健康に関わる病気とはみなされておらず、そのため保険外となっています。
すべての薬が健康保険の適用になればよいと思うかもしれませんが、保険料の上乗せという形で反映されます。
EDに悩んでいる方には意味のあることですが、無縁の方にとっては意味のない健康保険料の自己負担となるわけです。

初めてレビトラの服用をする方は病院処方を受けるのが好ましく、ネット通販の利用は避けるのが無難です。
一部の個人輸入では偽物を販売していますし、本物であっても自分が服用できるとは限りません。
自己判断で服用の有無は判断できないので、医師の診察を受ける必要があるわけです。
もし服用不可の薬を服用してしまった場合、健康被害を招くことがあるので注意してください。
医師に相談してから決めてもらうのが確実なので最初は病院で検査を受けて、EDになる生活習慣も確認しておくといいです。

今後ED治療薬が健康保険の適用になる話は聞かれておらず、自費診療として治療をすることになるでしょう。
血管を拡張する作用があるため心臓疾患の薬と併用するのは危険であり、併用すると命に関わるケースもあります。
医師に相談するときは飲み合わせる薬はしっかりと伝えておき、名称がわからない薬があれば診察時に持参するのが好ましいです。
レビトラはドラッグストアで購入できないことを考えれば、医師に相談しないと危険だと判断できます。
薬剤師が取扱できない薬であり、第一類医薬品よりも上位の薬剤に位置しています。